黄色い衣に赤い竜を絡ませて、ウェールズっ子はシャンゼリゼの表彰式のてっぺんへと飛び乗った。

「子供時代からずっと、夢はこのレースに参加することだった。11年前にその夢は叶った。そして今、ここに上がって、イエロージャージを着て、みなさまの前に立っているというのは……純粋に、『ワオ』という気分だよ」(トーマス、表彰台コメントより)

ツールのおかげで自転車を始め、ツールを見るために学校から走って帰った少年は、32歳の夏に、輝かしいマイヨ・ジョーヌを身にまとった。ゲラント・トーマスが、第105回ツール・ド・フランスの総合覇者となった。

前夜に南西フランスでの最終決戦を終え、2018年大会の総合争いはすべて完了していた。4色のジャージも最終的な持ち主が決まり、スーパー敢闘賞にはダニエル・マーティンが指名された。スペイン国境沿いの山村から約800kmの距離をひとっとびして、パリ郊外にたどり着いたプロトンは、午後遅く最後の116kmへと走り出していった。

記念撮影やシャンパンでの乾杯、さらには引退選手のソロアタック――18回連続出場の39歳シルヴァン・シャヴァネルが、この秋での引退を発表した――という、いわゆるグランツール最終日の恒例行事がにこやかに執り行われた裏側では、いまだ緊張感を持って戦いに臨む者たちも多かった。

なにしろ今年の山はひときわ厳しかった。日を重ねるごとに、出走表からトップスプリンターの名が削除されていった。なによりかつてシャンゼリゼを制したスーパースターたちが、次々と大会を去った。2009年から4年連続で最終日の王となったマーク・カヴェンディッシュと、王座を引き継ぎ2013年から2連覇したマルセル・キッテルは、いずれも第11ステージ制限アウト失格。2015年と2016年のアンドレ・グライペルは翌第12ステージで途中リタイア。そして昨大会の最終日覇者ディラン・フルーネウェーヘンは、今大会2区間を制しながらも、同じく第12ステージで自転車を降りている。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ