ピレネー山岳3日間の合間の平地ステージを、スプリンターが制した。しかもアルプスを抜け出して以降、連日のように制限タイムとの戦いを繰り広げてきたアルノー・デマールが、ついに今大会1勝目をもぎ取った。自らに降りかかってきたあらゆる疑いや批判の目に対して、「最高の答え」を突きつけた。区間前半の集団落車でざわついた以外は、総合上位勢は何事もなく1日を終えた。翌第19ステージの、2018年大会最後の直接対決へ向けて、誰もが静かに体力温存に努めた。

フランス気象台は熱波の到来を告げ、プロトンの頭上には焼け付くような日差しが照り付けた。スタート直後に5人が飛び出すと、それにて本日の逃げは完成した。

ただしルーク・ダーブリッジ、マシュー・ヘイマン、トマ・ブダ、ギヨーム・ヴァンケイスブルク、ニキ・テルプストラの背後で、すぐにアタック合戦が収拾したわけではない。その逆だ!どうにかして逃げたい選手たちが、ひどいハイスピードで追いかけた。なにしろ山登りもタイムトライアルも、スプリントもそれほど得意ではない選手にとって……この第18ステージこそが何かをしでかす最後のチャンスだった。無数のアタックが試みられた。

膠着状態はしばらく続いた。タイム差が15秒程度で固まった状況にも、前方の5人は決して動じなかった。プロトン屈指のルーラーが揃う逃げ集団は、時速50km弱の超高速で、メイン集団と互角の引っ張り合いを続けた。ついに25kmほど走ったところで、プロトン側が戦いを放棄。ついに先行する権利を勝ち取った。

スプリンターチームはすぐにタイム差制御に乗り出した。大会に残る数少ないスプリンターたちだって、パリ・シャンゼリゼ前の最後の機会を逃すつもりはなかったのだ。5人には最大2分半ほどのリードしか与えず、後方から厳しくレースを制御した。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ