昨年のウィンターカップは、大阪桐蔭が安城学園を延長の末に競り勝ち、2011年以来となる桜花学園と岐阜女が決勝に進出しない大会となった。2018年度で最初の全国大会となるインターハイは、例年に比べると多くのチームに優勝のチャンスがあると言っていい。

6月下旬の組み合わせ発表で第1シードとなったのは、ウィンターカップ準優勝校の安城学園。愛知県の大会で2連敗していた桜花学園に対し、東海大会ではエースの野口さくらが31点の大爆発で勝利。金子寛治コーチは「県では桜花に2連敗。東海で勝ったから第1シードだけど、ゾーンディフェンスで勝ったから本当の強さじゃない」と語るが、野口ら昨年のウィンターカップ経験者が多く、フロントラインのサイズがあるのも武器になる。

ただし、野口はベラルーシで行われるU17ワールドカップに出場しており、帰国から8月3日の初戦まで中2日。疲労を抱えた状態でのプレーを強いられることになるが、チームメイトを生かす術を知っている。3回戦での対戦が濃厚な岐阜女との大一番を制することができると、地元開催のインターハイ制覇も現実味を増してくる。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ