5年ぶりの区間優勝を飾ったナイロ・キンタナ

5年ぶりの区間優勝を飾ったナイロ・キンタナ

今大会一番の注目となった第17ステージ、全長65kmに1級2つと超級をぎゅっと詰め込んだ登りと下りしかない超短距離決戦。膝蓋骨骨折していたフィリップ・ジルベール(クイックステップフロアーズ)を欠く146人がMotoGPのようなグリッドスタートでレース開始。スタート直後から1級ペイラギュード峠の登りが始まり、タネル・カンゲルト(アスタナ プロチーム)、トーマス・デヘント(ロット・ソウダル)、ピエール・ローラン(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)の3選手が飛び出した。ポールポジションのゲラント・トーマス(チーム スカイ)はチームメイトと合流してから、いつものように後方からレースをコントロール。

先頭の3選手に追走が19人、その後ろのメイン集団からジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)が抜け出すとクリスティアン・ドゥーラセック(UAEチームエミレーツ)とヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)も後に続いた。

カンゲルトが独走に入り山頂を先頭通過、アフラフィリップ、ドゥーラセック、エラダと続き、メイン集団ではナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム)が前輪交換で遅れたが山頂までに集団復帰することができた。下りでアフラフィリップ、ドゥーラセックがカンゲルトに追いつき先頭グループは3人に。中間スプリントポイントはカンゲルトが先頭通過。

1級ヴァル・ルーロン・アゼに入るとメイン集団からはアージェードゥゼール・ラ・モンディアル、シルヴァン・ディリエのペースアップで攻撃開始、マティアス・フランク、ピエール・ラトゥールと続き、マルク・ソレル(モヴィスター チーム)のペースアップで人数が絞られた。アラフィリップが山頂を先頭通過し山岳ポイントを2位のバルギルに対し67差に広げた。

超級サン・ラリー・スランに入るとアラフィリップは脚を緩めカンゲルトが単独先頭に。残り距離14.7kmでメイン集団からダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)がアタックするとキンタナがカウンターでメイン集団から抜け出すことに成功。過酷なペースアップでミケル・ニエベ(ミッチェルトン・スコット)やバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)はついていけなくなった。

キンタナは順調にペダルを回し、追走グループのバルベルデに合流。メイン集団ではプリモシュ・ログリッチェ(チーム ロットNL・ユンボ)がアタックするとクリス・フルーム(チーム スカイ)がチェック、トム・デュムラン(チームサンウェブ)にはトーマスが張り付き、ワレン・バルギル(チーム フォルテュネオ・サムシック)やヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム)が遅れた。

ステフェン・クライスヴァイク(チーム ロットNL・ユンボ)のアタックにはエガン・ベルナル(チーム スカイ)がチェック、そのままベルナルの牽引で9人にまで減ったメイン集団は山頂を目指す。バルベルデが力尽き、キンタナは追走グループのラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)と共に敢闘賞のカンゲルトを追い抜き先頭へと躍り出た。マーティンが30秒後ろから2人の背中を追う。

山頂まで6.5km地点のキンタナのアタックでマイカはついていけなくなり、メイン集団ではロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)が遅れ始めた。残り3kmでログリッチェが再びアタックしトーマスがチェック、デュムランも加速するとフルームはついていけない。

ベルナルのペーシング走法で集団は1つに戻り攻撃の時を待つ。デュムランのアタックにはトーマスがチェック、ログリッチェとクライスヴァイクはついていくものの、フルームとミケル・ランダ(モヴィスター チーム)は10秒離されてしまった。ログリッチェのアタックにトーマスがついていくとデュムランは離されていった。キンタナはフラムルージュを抜けそのままフィニッシュ、アンリ・デグランジュ記念賞と2013年以来5年ぶりとなるツール区間勝利を手にした。

2着のマーティンが10位から9位へ総合順位をあげ、3着のトーマスは総合タイムを9秒稼ぎ、デュムランはフルームを抜いて総合2位へ浮上、フルームは3位へ。バルデは5位から8位へ順位を落としている。

「ソレルのペースアップやアレハンドロ(バルベルデ)の貴重なアシストがあったステージで勝利することができたことが嬉しく誇りに思う、チーム全員の勝利。それから応援し続けてくれる全ての人たちの励ましのおかげ」(キンタナ勝利後インタビュー)

「厳しい1日が終わってよかった、ログリッチェやデュムランがアタックした時に3位のボーナスタイムを狙いに行った。フルームを攻撃するつもりはなかったけれど誰にでもよくない日があることを理解した。フルームと自分はお互いに誠実でオープンな関係であり、それがチームの成功の秘訣だと言えるだろう」(トーマス、レース後インタビュー)

第17ステージ結果

1 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)in 02h 21'27''
2 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)at 00'28''
3 ゲラント・トーマス(チーム スカイ/イギリス)at 00'47''
4 プリモシュ・ログリッチェ(チーム ロットNL・ユンボ/スロベニア)at 00'52''
5 トム・デュムラン(チームサンウェブ/オランダ)at 00'52''
6 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ロットNL・ユンボ/オランダ)at 01'05''
7 エガン・ベルナル(チーム スカイ/コロンビア)at 01'33''
8 クリス・フルーム(チーム スカイ/イギリス)at 01'35''
9 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)at 01'35''
10 イルヌール・ザカリン(チーム カチューシャ・アルペシン/ロシア)at 02'01''
・・・
13 ロメン・バルデ(AG2R/フランス)at 02'35''
15 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)at 04'00''
17 ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)at 05'10''

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ