第89回都市対抗野球大会は24日(火)に決勝戦が行われた。近畿第2代表・大阪ガス(大阪市)が、三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)を2-0で下し、初優勝を決めた。

試合は緊迫した投手戦となった。大阪ガスの先発は九州産業大学から入社して2年目の右腕・温水賀一。1回戦、準々決勝に先発し、23日の準決勝もリリーフで好投していた。

大阪ガスは、どの試合も3人以上の継投で勝ち上がってきたチームで、「後」の不安はない。温水は立ち上がりから全力投球を見せた。最速144キロの速球で時には押しつつ、スライダー、チェンジアップ、カーブをまじえた好投を見せる。

三菱重工神戸・高砂の先発は社会人野球界の“レジェンド”となりつつある入社9年目の右腕・守安玲緒。彼も1回戦、準々決勝に続く先発だった。守安の速球は130キロ台で、決勝戦も140キロに届いたボールは1、2球。しかし制球力は驚異的だった。

また「同じ球種でもタイミングを変えて少しずつ緩急をつける」「直前に投げた速球と同じ球筋からフォークを落とす」というような投球術も駆使。毎回のように走者は出すが、後続を難なく打ち取っていく。

4回表、三菱重工神戸・高砂は1死から4番・藤原隆蒔が左中間を破る長打を放つ。藤原は思い切って3塁を突くが、タッチアウトとなってしまいチャンスを逃す。

5回裏、大阪ガスは1死から8番・古川昂樹がレフト線を破る2塁打で出塁。この試合2度目の「1死2塁」だったが、後続は続かず無得点に終わる。5回終了時点でスコアは0-0。両先発がマウンドを譲らず、試合は後半に入った。

試合が動き始めたのは7回裏。三菱重工神戸・高砂は1死から7番・伊藤諒介がセンター前安打で出塁し、代走・大谷幸宏は2盗に成功。更に古川昂樹は3-2から四球を選んで、1死1・2塁のチャンスを迎える。

絶対的な制球力を持つ守安玲緒にとって、これがこの試合初の与四球で、大会を通しても2つ目だった。

このボールのコースはかなり際どいもので、守安玲緒はマウンド上でしゃがみこみ、ショックを隠せない姿を見せる。しかし、守安は代打・室屋太郎を遊ゴロ併殺に打ち取り、このピンチを脱した。

8回表、今度は三菱重工神戸・高砂がチャンスを迎える。8番・森山誠が無死からレフト前安打を放ち、9番・渡邊祥平がバントで送って、1死2塁のチャンス。

大阪ガスは好投の温水賀一をついに交代させ、クローザー・緒方凌を起用する。緒方は三菱重工神戸・高砂は1番、2番を内野ゴロに打ち取り、得点を許さない。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合配信中

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ