流通経済大柏が初優勝

真夏の高校セブンズ決定戦は新たなチームが栄冠に輝いた。

7月21〜23日、「アシックスカップ2018」こと、第5回全国高校7人制ラグビー(セブンズ)フットボール大会が開催された。

全国の都道府県予選を勝ち抜いた47校と、3連覇を狙う東福岡(福岡)の計48校が参加し、最終日は長野県・菅平高原サニアパークで、各決勝トーナメントが行われた。

予選プールを1位で突破した16チームによるカップ戦は、決勝では流通経済大柏(千葉)が、3年ぶりの優勝を目指した東海大大阪仰星(大阪)を17-5で破って初制覇。

同校にとっても、そして千葉県勢の全国タイトルは初めてだという。カップ戦のMVPも同校のセブンズキャプテンの永山大地が選ばれた。なお、同校には来年の第6回アシックスカップの出場権が与えられた。

予選プール2位の16チームによるプレートトーナメントは、決勝が19-19の同点だったため城東(徳島)と石見智翠館(島根)が同時優勝。プレートトーナメントのMVPには遠藤岳歩(城東)と谷仁之介(石見智翠館)の2人が選出された。

予選プール3位の16チームによるボウルトーナメントは、日本航空高等学校石川(石川)が西陵(愛知)を43-0で下して優勝。ボウルトーナメントのMVPには大村亮介(日本航空石川)が選出された。

まず、予選リーグの結果を見てみよう。ディフェンディングチャンピオンの東福岡は、國學院久我山(東京)とプールMで引き分けたが得失点差で1位通過。

他には優勝経験のあるプールHの東海大大阪仰星、決勝に進出したことのあるプールBの京都工学院(旧伏見工業/京都)とプールIの御所実業(奈良)、春の選抜王者であるプールPの桐蔭学園(神奈川)などが順当に1位通過を果たした。

プールFは新田(愛媛)、プールGは八幡工業(滋賀)、プールJは秋田中央(秋田)、プールNは佐賀工業(佐賀)が1位通過した。

カップトーナメントに進出したのは國學院栃木、京都工学院、深谷(埼玉)、報徳学園(兵庫)、東海大福岡(福岡)、新田、八幡工業、東海大大阪仰星、御所実業、秋田中央、茗渓学園(茨城)、流通経済大柏、東福岡、佐賀工業、尾道(広島)、桐蔭学園の16校だった。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ