気温が少しでも低くなる時間帯で競技を行うというアイデアもあると思うのですが、そうなるとイベント性が損なわれてしまう。つまり、ナイトレースを行なうとなると、お客さんが少なくなる懸念。24時間レースの夜の時間帯は、確実に気温が下がりますが、スタートもフィニッシュも夜というレースは、まだ日本では、極少ない。F1ではシンガポールや中近東の例がありますよね。

先週末の富士スピードウェイのレースでは、暑さに耐えかねてコース路面が破損してしまったそうですね。そして急遽使用するコーナーを変更する処置がとられたことをみても、酷暑、猛暑の弊害がドライバー、競技者以外にも出ていることを証明してしまいました。

今後、マシンの熱対策だけではなくて、モータースポーツ全体の熱対策を考えることが大事になってきましたね。地球の温暖化がひしひしと感じられる今日この頃。

今週末は、岡山で全日本F3選手権レースが開催されます。取材に行ってまいります。

最後になりましたが、
豪雨によって中国地方、九州、四国で甚大な被害に見舞われてしまった皆様にお見舞い申し上げます。

photo

高橋 二朗
日本モータースポーツ記者会。 Autosport誌(英)日本特約ライターでもあり、国内外で精力的に取材活動をするモータースポーツジャーナリストの第一人者。1983年からルマン24時間レースを取材。1989年にはインディー500マイルレースで東洋人としては初めてピットリポートを現地から衛星生中継した。J SPORTSで放送のSUPER GTのピットレポーターおよび、GTトークバラエティ「GTV」のメインMCをつとめる。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ