フランス南部の強烈な光の下で、影はいっそう濃くなった。なにより休息日の前日で、家族や友達がフィニッシュ地にたくさん待ち構えていたからこそ……喜びも悲しみもいつも以上に大きかった。地元ステージで勝てなかったリリアン・カルメジャーヌは人目もはばからず号泣し、スプリント勝負で敗れたバウケ・モレマの夫人は、チームバスの裏で静かに涙した。同国の仲間と逃げ集団内で上手く協力し合い、最後は理想的な展開に持ち込んだマグヌス・コルトニールセンが、スプリントの果てに初めてのツール区間優勝をもぎ取った。

逃げ切りが約束されたようなステージだった。ピュアスプリンターにとって起伏がは厳しすぎたし、総合系ライダーにとっては、たいしたタイム差が見込めそうもない地形だった。しかも翌日は待ちに待ったお休みで、幸いに長距離移動もない。つまり、なにも難しいことなど考えずに、思いっきり暴れまわることが許されている。

だからこそスタートと同時にとてつもないドンパチが始まった。細かい起伏が連続する道で、無数のアタックが繰り出された。熾烈な競り合いは1時間以上も続いた。45kmほど走った先に、ようやく29人の大きなグループが前方へと抜け出した。

メインプロトンは一切の追走を放棄した。逃げ集団で最も総合上位につけているのが、第1週目に8日間マイヨ・ジョーヌを着ていたグレッグ・ヴァンアーヴェルマートであり、しかも現マイヨ・ジョーヌからは29分02秒も遅れている。だからタイム差制御さえ必要なかった。逃げ集団がどんどん遠ざかっていく背後で、チームスカイはただ規則正しくペダルを回した。しかも最終坂で真剣勝負を繰り広げた前日とは違い、いくつかの小さな例外を除き、最後までなにも起こらなかった。

全22チーム中16チームが滑り込んだエスケープでは、カルメジャーヌが真っ先に動いた。それもステージ前半の2級峠で、なんと単独で飛び出した。というのもこの2級シエ峠の山頂から、道はタルヌ県に入る。つまりはカルメジャーヌが生まれ育った土地で、10月のルート発表時から「自分向き」と狙いをつけたステージだった。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ