セットアッパー陣が軒並み苦しむ中、6月下旬、佐藤優は1軍に呼ばれた。今季2度目の1軍昇格。4月の昇格時はわずか1試合の登板。3失点で再び2軍に降格となった。

2軍での成績は今シーズン、17試合、先発、中継ぎ、抑え、全てのポジションを経験し、45イニング防御率1.40。堂々とした数字を残し1軍再昇格を果たした。7月9日に3失点を喫したものの、今、佐藤は本来の持ち味を発揮しつつある。

独特の腕の振り、力強いストレート。7月17日の広島戦では2イニング6人のパーフェクトピッチを披露した。

しかし、佐藤は自らの投球には課題が多いと話す。「ボールが抜けたり、引っかけたりは減りましたが、逆球で結果的に打ち取ったピッチングが多いです。意図した打ち取り方ではないんです」。

7月4日甲子園、阪神戦で1回2/3を無失点に抑えた翌日、ベテランの吉見一起にこう聞かれた。「佐藤、昨日の福留さんは、どういう意図を持って打ち取ったんだ?」。

佐藤は言葉に詰まった。「吉見さんに聞かれても、結果オーライで打ち取った内容だったので説明できなかったんです。こう思っていたという説明は出来ても、1球もその通りのボールが無かったんで」。

「吉見さんからは、結果オーライでいい時もあるが、自分でどういう意図をもって打ち取るかをしっかりやっていかないと成長は無いぞと言われました」。

朝倉投手コーチは「どちらかと言うと佐藤は悩みすぎる傾向が強い。マウンド上では割り切ればいいのに、ああでもない、こうでもないが始まってしまう」。

「今は引っかけ球は少ないが、じゃあシュート回転したボールをガツンと運ばれると、佐藤はマウンドで悩みだし、これじゃまずいと思い、また引っかけ出してしまう。そういう所は結果オーライでいいと思うんです。マウンドでは割り切っていく事も必要ですから」と話す。

しかし、逆球や意図通りでないにせよ佐藤は好投を続けている。そこには大ベテランの一言が影響していた。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド/

中日ドラゴンズ戦は主催試合を60試合以上LIVE配信します
中日ドラゴンズ主催試合をご覧いただくには中日ドラゴンズ戦シーズンパックがお得です。

●中日ドラゴンズ戦シーズンパック:8,000円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で4,000円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ