ようやくチームスカイの手にマイヨ・ジョーヌが渡った。2012年大会から合計5回の総合優勝を重ねてきた英国精鋭軍が、大会11日目まで待たされたのは、なんと初めてのことだった。しかも今大会初の難関山頂フィニッシュを制し、黄色に輝いたのは、タイトル保持者クリス・フルームではない。ライバルたちをまとめて突き放し、追い上げてくるエースさえかわして力強い勝利をもぎ取ったのは、第2エースと目されるゲラント・トーマスだった。

崇高なアルプスの山々が遠くまで見渡せる峠道を、プロトンはいつも以上に大急ぎで駆け巡った。なにしろたった108.5Kmの短距離コースに、4つの飛び切り難しい山がぎゅうぎゅうに詰め込まれていたのだ。

フラッグが振り下ろされるとほぼ同時に全速力で走り始めたのは、またしてもマイヨ・ヴェールだった。前半11.5Km地点に待ち構える中間ポイントへ向けて、ペーター・サガンが大急ぎで飛び出すと、当然のように20点満点を収集。緑ジャージ争奪戦で2位以下との差を121ptに広げた。その後は前日と同じように、自らのイニシアチヴで出来上がった5人の逃げ集団から、堂々たる後方退却を行った。

先頭に取り残された4人は、代わりに後方から追いかけてきた一団と合流する。最大30人ほどにまで膨らんだエスケープには、前日の覇者で、山岳賞首位に躍り出たジュリアン・アラフィリップも滑り込んだ。「パリまで守れなくても失望はしない」と語っていた本人だが、かといってあっさり赤玉を手放すつもりもなかったようだ。1つ目の超級峠でまんまと先頭通過を果たすと20ptを加えた。少なくともあと1日は「夢」のジャージを身にまとう。

1年前に赤玉を持ち帰ったワレン・バルギルは、この日はサガンの逃げに飛び乗った。さらにはアシスト役が……なんと4人も先頭に集結した!チームフォルテュネオ・サムシックの面々は、逃げ集団の先頭を熱心に牽引し、メイン集団とのタイム差を7分近くまで広げた。またバルギル本人は、この先の山岳賞につなげるべく、2峠での先頭通過を含む計40ptを懐に入れた。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ