第89回都市対抗野球大会は7月18日(水)が大会6日目。1回戦3試合が行われ、ベスト16が出そろった。第1試合は新日鐵住金鹿島(鹿嶋市)が日本新薬(京都市)を9-2で下している。

試合は新日鐵住金鹿島がまず2点をリードし、日本新薬が9番・板倉健人のソロ本塁打などで5回に追いつく展開。新日鐵住金鹿島の大貫晋一、日本新薬の西川大地と両先発が「クオリティスタート」に成功。2-2と拮抗した状態で7回の攻守に入る。

7回表、新日鐵住金鹿島が日本新薬の2番手・榎田宏樹を打ち込む。2番・堀越匠が2点タイムリー2塁打を放つと、4番・高畠裕平も走者一掃のタイムリー2塁打で続いて一挙5得点。

8回にも7番・林悠平、8番・片葺翔太の連続ソロ本塁打でダメを押す。大貫も9回を2失点、11奪三振という好内容で完投し、新日鐵住金鹿島が7点差で快勝している。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ