平和で退屈な午後の終わりに、ディラン・フルーネウェーヘンがスプリントを勝ち取った。4色ジャージに一切の変動はなく、グレッグ・ヴァンアーヴェルマートは5日連続のマイヨ・ジョーヌ表彰式を楽しんだ。

「グランツールに果たしてこういった種のステージが必要なのかどうか分からない。でも僕ら選手たちにとってはありがたかった。ツール開幕以来ほとんどレースを楽しむ余裕がなかったからね。リラックスできるステージは大歓迎だよ」(ヴァンアーヴェルマート、公式記者会見より)

それにしても長かった。ステージ距離は全長231kmの今ツール最長で、つまり2日後に控える「石畳」への移動ステージでもあった。レース時間もひたすら長かった。開幕からちょうど1週間たち、そろそろ選手たちの体に疲労が蓄積しはじめた頃だろうか。2日間の激闘を抜け出したプロトンは、この日は、少しだけ息抜きすることに決めたようだ。走行時速は40.326km。平地レースとしては驚くほどゆっくりペースで走り、選手たちは5時間43分42秒にも渡ってひたすらペダルを回し続けた。

スタートから20km地点で、実力者揃いの10人が飛び出したこともあった。あの逃げが決まっていれば、もしかしたら、状況は変わっていたのかもしれない。ただしチームロットNL・ユンボが回収に向かい、あっさり5kmほどで、逃げを集団内へと引き戻した。

「今日は朝から脚の調子が良かった。だからスタート前のミーティングで、チームメートたちに、僕の周りをみんなで固めてくれるよう頼んだ」(フルーネウェーフェン、公式記者会見より)

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ