7月13日(金)、第89回都市対抗野球大会が開幕した。初日は夜の1試合のみ。開幕戦は、NTT東日本(東京都)と、東邦ガス(名古屋市)の対決だった。ホームランが4本も飛び出る華やかな“花火合戦”を制したのはNTT東日本。前年度王者が貫録を見せ、6-3と勝利している。

まず、圧倒的だったのがスタンドの半分をオレンジ色に染めたNTT東日本の大応援団。オレンジ色のビブスを身に着けた2万人は壮観で、東京ドームを完全な「ホーム」にしていた。

内外野が2階席まで総立ちになり、応援歌「スパート」を熱唱する勝負どころの応援は、プロ野球でも見ないような迫力だった。

NTT東日本の先発は入社2年目のドラフト候補・堀誠でなく、ベテラン右腕の大竹飛鳥。大竹と上田祐介の「10年連続出場バッテリー」が難しい初戦を任された。

NTT東日本は1回裏2死1塁から4番・嘉納淳弥が先制の中前タイムリー安打。続く5番・越前一樹が2ラン本塁打で畳みかけて3-0とリードを広げる。NTT東日本は2回裏にも1死1塁から9番・桝澤怜が2ラン本塁打、一挙に5点差として、試合の流れをつかんだ。

東邦ガスの先発・小椋健太のボールは走っていたが、NTT東日本打線の振りの鋭さ、そしてドーム全体を包む勢いに飲み込まれてしまう。

東邦ガスも3回表に反撃を見せる。1番・上内辰哉のタイムリー三塁打、2番・大島啓太は左犠飛、3番・南善規のソロ本塁打で2点差まで追い上げた。しかし、2死1塁から5番・吉田がレフトに放った大飛球は惜しくもファウル。結果的にはそこが勝負の分かれ目となった。

東邦ガスは3回からリリーフした技巧派左腕・九谷青孝が好投。NTT東日本も4回以降は大竹、そして6回からリリーフした左腕・沼田優雅が得点を許さない。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

\開幕戦無料LIVE配信!/
7月13日(金)午後6:15 NTT東日本vs.東邦ガス
★配信ページはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ