イングランド・プレミアリーグのスター軍団が集結するベルギーとイングランドのファイナル進出が大いに期待されていた2018年ロシアワールドカップ。しかし10、11日の両日に行われた準決勝で、ベルギーはフランス、イングランドはクロアチアに揃って敗退。惜しくも王者の座に輝くことはできず、14日の3位決定戦に進むことになった。

 

まずベルギーの方だが、6日の準々決勝でブラジルを1−2で撃破し、勢いに乗って4強まで勝ち上がってきた。「ベルギーの4強入りは86年メキシコ大会以来。あの時よりタレント力は圧倒的に上。2014年ブラジル大会で8強入りしたタレントたちが円熟期を迎えていて、今回は最初から大きな成果を残すと思っていた」と同国のウェブサイト「Vortbalkrant.com」のフロレント・マリス記者も鼻息が荒かった。

実際、フランスとの一戦は極めてハイレベルなものだった。4−3−3布陣を採るフランスに対し、ベルギーは4−2−3−1でスタート。左サイドに位置したエデン・アザール(チェルシー)が凄まじい突破力と打開力でチャンスを作る。「クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とメッシ(バルセロナ)、ネイマール(PSG)が去った今、この大会を自分の大会にしたい」と意気込んでいた通りの切れ味の鋭さを背番号10は見せつける。開始20分間は圧倒的なベルギーペースでアザールとマルアン・フェライニ(マンチェスターU)が再三決定機を迎えたが、ゴールだけが遠い。結果的にはこの時間帯が彼らにとっての大きな分かれ目になってしまった。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ