ステージ優勝を決めたダニエル・マーティン

パリのマイヨ・ジョーヌ候補たちが、「ブルターニュのラルプデュエズ」で、ちょっとした前哨戦を繰り広げた。クラシックハンターたちもまた、強豪クライマー勢と堂々渡り合った。一方では最終盤のメカトラで2人の総合有力者がタイムを失った。最後はダニエル・マーティンが上手く機をとらえると、ミュール・ド・ブルターニュのてっぺんまで単独で駆け上がった。

ブルターニュで過ごす3日目、日差しは相変わらず強かった。それでも緑の木々の間を吹き抜ける爽やかな風が、ちょっとした清涼感を演出してくれた。コース上では、この風が、選手たちを大いに苦しめた。分断を生み出し、ツール名物の激坂をより難しいものに変えた。

今大会ここまで、毎日最低1人は逃げに送り込んできたディレクトエネルジーが、第6ステージでも動いた。スタートフラッグが振り下ろされた瞬間に、ダミアン・ゴダンが急加速。チームメートのファビアン・グルリエ、地元ブルターニュ子ローラン・ピション、3日間赤玉ジャージを着たディオン・スミス、テュルジス3兄弟の次男坊アントニー・テュルジスがすかさず反応すると、あっさり5人の逃げを作り上げる。

BMCレーシングの主導のもと、逃げには7分以上のリードが許された。ところがステージも残り110Kmを切った頃、クイックステップフロアーズがメイン集団を引き始めた。もちろん総合10秒以内に3選手を有するチームが、追走作業に取り掛かったところで、なんら不自然ではない。しかも3人のうち2人は現役屈指のパンチャー、つまり本日のステージ優勝本命である。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ