ダブルヘッダーのニューヨークePrix

電気自動車の「FIAフォーミュラE選手権」のシーズン4(2017年〜18年)はアメリカ合衆国ニューヨークシティで最終戦を迎えます。今回は2レース制で行われ、現地時間の7月14日(土)に第11戦、7月15日(日)に第12戦が開催。J SPORTSでは両戦ともに予選、決勝の模様を生放送でお送りします。

今回のレースは2014年から始まった「フォーミュラE」の歴史の第1章を締めくくるレースです。12月から始まるシーズン5(2018年〜2019年)はニューマシン「Gen2」へと移行するため、現行の「Spark」シャシーを使ったラストレース。これまでネルソン・ピケJr.、セバスチャン・ブエミ、ルーカス・ディグラッシがチャンピオンに輝いてきましたが、3人共に元F1ドライバー。残念ながら3人ともにシーズン4のチャンピオン争いからは既に脱落しており、チャンピオン争いはジャン・エリック・ヴェルニュ(テチータ)=163点、サム・バード(DSヴァージン)=140点の直接対決。新チャンピオンを決定する戦いとなります。

前戦・チューリッヒでは予選でジャン・エリック・ヴェルニュ(テチータ)がまさかの失速。なんと17番手からスタートすることに。トラムの軌道の上を走る非常にイレギュラーなレイアウトになったチューリッヒでヴェルニュは必死の追い上げを見せて10位フィニッシュし、何とか1点を獲得。しかし、2位にサム・バードが入ったことでポイント差は23点に縮まってしまいました。ヴェルニュは1レース落とせば、一気に逆転されてしまうリスクの高いゾーンに入ってしまいました。2レース制で開催されるということで、最大獲得ポイントは優勝25点+ポールポジション3点+ファステストラップ1点。逆に言うとバードは23点の差が29点以上に広がってしまうと土曜日の第11戦でチャンピオンがヴェルニュで確定してしまいます。開いている点差は大きいとは言え、第11戦、第12戦と2日間続けてのスリリングなストーリーが展開されるかもしれません。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ