社会人野球の夏の祭典、第89回都市対抗野球大会が7月13日(金)に開幕する。出場は32チームで、決勝戦は24日(日)に行われる。今回は出場チームを地区ごとに紹介していく。

◆東海代表:トヨタ自動車、王子、東邦ガス、西濃運輸、JR東海、Honda鈴鹿

東海は6つの出場枠を持つが、有力チームがひしめき合っており、連続出場の難しい地区でもある。

2次予選に参加する16チームのうち、東京ドームへ辿り着くのは6チーム。「第1代表決定トーナメント」をすんなり4連勝して勝ち抜くチームがあれば、途中に4敗して最後のひと枠を勝ち取ったチームもある。

東海地区2次予選はのべ18日、計38試合という長期戦で、「敗者復活」の仕組みもある。とはいえ10チームは敗退するわけで、今大会はヤマハ、三菱重工名古屋といった全国レベルのチームが予選で消えた。

トヨタ自動車は4年連続20回目の出場。すんなり東海第1代表の座を勝ち取った。2016年の都市対抗では大車輪の活躍を見せた、右腕・佐竹功年は既に34歳。

しかし、169センチの身長、変則フォームで打者を手玉に取る凄みは健在で、今回の2次予選もエース級の活躍を見せた。

トヨタは他にも好投手が多数。実際に昨秋の日本選手権は小出智彦、富山凌雅の両左腕が軸になって優勝を飾った。さらに今大会は三菱重工名古屋の150キロ右腕・勝野昌慶も補強している。

打線は昨秋の日本選手権で首位打者を獲得した多木裕史、東海2次予選で5割を超す打率を記録した沓掛祥和と人材豊富。源田壮亮、藤岡裕大と2年連続で「プロの即戦力」が守ったショートの“後任”となった河原右京も注目株の一人だ。

東海第2代表は王子。エースの右腕・近藤均はドラフト上位候補と言われつつ、指名がないまま28才を迎えている。パワフルでしかも制球力が高く、カットボールやスプリットと言った「動く」ボールも抜群。

今回の予選は中京大学から入社した新人左腕・若林優斗も好投を見せた。また、ヤマハから補強された右腕フェリペ・ナテルも、強烈に横滑りするスライダーを持つ好投手だ。

打線は3番・亀山一平、4番・伊礼翼がいずれも2次予選で4割以上の打率を記録した。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

\開幕戦無料LIVE配信!/
7月13日(金)午後6:15 NTT東日本vs.東邦ガス
★配信ページはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ