レイズが新球場プランを発表した。全球団中、最も魅力のないボールパークのひとつとまで酷評されるセントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールドを出て、タンパに建設するという新球場は2023年のオープンを目指しているようだ。しかし、現時点では「Pie in the sky(絵に描いた餅)」に終わる懸念もある。

その新球場プランはいくつかの点で個性的だ。1992年にオープンしたボルティモアのカムデンヤーズに端を発し、その後主流となった復古主義デザインとは全く異なる近未来的デザインだ。大きな特徴としては、透過性の固定ルーフを持ち、周囲をガラスで覆っていることが挙げられる。この、まるで金魚鉢のような発想は、降水量が多く高温な気候対策とクローズドルーフの球場特有の閉塞感の排除を両立するためのものだろう。残念ながらコストの面でルーフの開閉は見送られたが、側面のガラスは一部可動式らしい(逆にすれば良かった?)。

他にも記すべき点がある。収容人員はわずか3万人強で、完成すれば全球団の本拠地中最少となる。その分、砂場エリアや噴水そばの席やピクニックシート、ブルペンバーと、アメニティの充実には力を入れている。少ない収容人員は近年のトレンドで、満員感を醸し場内の一体感を増すとともにチケット価格を上昇させることを狙ったものだ(個人的にはこの考え方には賛同できないが)。また、「小ささ」はこの新球場のテーマのひとつで、ファウルゾーンは極めて狭く、ダイヤモンドとの距離は、リグレー・フィールド、フェンウェイ・パークに次ぐ近さらしい。

また、コンコースは24時間の週7日解放となるようで、「試合がない日も人々が訪れる(お金が落ちる)施設に」というのも、2017年オープンのアトランタのサントラストパーク同様に最近のトレンドだ。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ