勝利を喜ぶイバン・ラキティッチとルカ・モドリッチ

夜になって多少は涼しくなったものの、日中の最高気温は35℃を記録していた。クロアチア対ロシア戦が行われたソチは、フットボールの環境として好ましくない。酷暑は疲労を増幅し、肉体だけではなく精神的ダメージも引き起こす。しかもクロアチアはスイス戦に続く延長・PK戦で、開催国ロシアに注がれる大声援というプレッシャーにも立ち向かわなければならなかった。

「クロチアチアは心身ともに疲れている。決勝進出のチャンス到来」

決勝トーナメントの流れを踏まえ、イングランドでは準決勝を楽観視するメディアも少なくない。ルカ・モドリッチとマリオ・マンジュキッチは32歳、イバン・ラキティッチが30歳と、クロアチアが誇る〈三大守護聖人〉がベテランと呼ばれる年代に差しかかっているため、中三日で迎えるイングランド戦までにコンディションを回復するのは難しい、と推測している。

たしかにそのとおりだ。コンディションとしてはイングランドに分がある。30代の登録選手はアシュリー・ヤング、ジェイミー・ヴァーディー、ガリー・ケイヒルの3選手だけで、チームそのものが非常に新鮮だ。当然、クロアチアよりもダメージの回復は早いだろう。また、PK戦が導入された1986年メキシコ大会以降、この方式を二度も経験したチームが決勝に進出したケースは一度もない。過去のデータもイングランドをフォローしている。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ