全長4kmのロングストレートの果ての、ハンドルを投げ合う熾烈なスプリント合戦を、フェルナンド・ガビリアが制した。ツール・ド・フランスデビューからわずか4日間にして、早くも2勝目を手に入れた。グレッグ・ヴァンアーヴェルマートはマイヨ・ジョーヌを危なげなく守り、ペーター・サガンはマイヨ・ヴェールをギリギリで保守した。

スタートと同時に4人が飛び出すと、暑く気だるい午後が始まった。チームタイムトライアルで全力疾走した翌日、大部分の選手は静かに集団内で過ごす方を選んだ。ディミトリ・クライス、アントニー・ペレス、ギヨーム・ヴァンケイスブルク、ジェローム・クザンは軽々と7分半以上のリードを開き、背後ではマイヨ・ジョーヌのグレッグ・ヴァンアーヴェルマート擁するBMCレーシングが淡々とリズムを刻んだ。

「うんうん、逃げに乗ってすぐにそのことを考えたよ。みんなで『今夜の結果を予想しようぜ』なんて言い合ったりもして!」(ミックスゾーンインタビューより)とクザンも笑ったように、まるでサッカーW杯準決勝の前哨戦のようだった。フランス人2人とベルギー人2人が滑り込んだエスケープは、沿道の観客を大いに楽しませた。

逃げ集団内で繰り広げられたフランスvsベルギーは、中間ポイントをヴァンケイスブルクが先頭通過し、ベルギーが先制点を入れた。山岳ポイントをペレスが収集してフランスが同点に追いつき、ボーナスポイントをクライス先頭通過でベルギーが改めて突き放した。最後は敢闘賞赤ゼッケンを、今大会2度目の逃げのクザンが獲得し、フランスが2−2に戻して……。ちなみに当夜に行われた本物のW杯準決勝は、1−0でフランスの勝ち!

ステージ半ばを過ぎると、いよいよスプリンターチームが追走の主導権を掌握した。中でもクイックステップフロアーズとロット・ソウダルの2つのベルギーチームが、精力的にタイム差を制御した。

かといって前の4人も、簡単に最前列を譲り渡しはしなかった。なにしろステージ終盤、道はフランス国内でも特に自転車人気の高い、ブルターニュ地方へと走り込んだ。沿道の熱狂的な声援に背中を押されるように、逃げ集団はあらん限りの力を振り絞った。

しかもブルターニュの道は難解だ。決して平坦でもなく、かといって起伏とも呼べないうねった田舎道が、集団での追走をひどく困難なものにした。スプリントチームは極限までペースアップを試みるも、4人はわずかなリードを大切に守り続けた。ラスト20kmに入ると総合系チームも前線へと駆け上がった。集団は細道にぎゅうぎゅう詰めになり、当然のように大小の落車が相次いだ。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ