社会人野球の夏の祭典、第89回都市対抗野球大会が7月13日(金)に開幕する。開幕が迫るこのタイミングで、皆さんに要注目の出場選手を紹介していきたい。

都市対抗オリジナルの仕組みが「補強選手制度」だ。各チームは同じ予選を戦った敗退チームから、3名以内の選手を補強できる。「街の代表」として参加するという大会のアイデンティティがそこに見て取れる。

2007年に東芝が都市対抗を制したときは、補強選手を5名起用できたこともあり、クリーンアップを補強選手で固めて成功した。しかし、一般的には短期決戦ということもあり、頭数が必要な投手陣に枠を多めに割くケースが多い。

個人的に印象深い「補強選手」と言えばJR東日本東北時代の攝津正。2008年の都市対抗に七十七銀行から補強されて出場された彼は、緒戦に先発して1失点で完投したものの、惜しくも敗戦投手になった。

後に福岡ソフトバンク、日本代表で活躍する彼も8シーズンを過ごした社会人の「ラスト都市対抗」を悔しい結果で終えている。

今大会もプロに手の届きそうな好選手が補強選手として都市対抗に登場する。

北関東第2代表のSUBARUに補強された邑楽雅貴(日立製作所)は178センチ・85キロの本格派右腕。桜美林大学では同級生の佐々木千隼(現千葉ロッテ)と2枚看板で、4年秋の明治神宮大会は準優勝も果たしている。

桜美林大学の同期からは山野辺翔(三菱自動車岡崎)もトヨタ自動車に補強された。山野辺は170センチ・72キロと小柄ながら、一発のある右打ちの内野手だ。

西関東第2代表の三菱日立パワーシステムズは、JX-ENEOSから投手3枚を補強した。柏原史陽は右上手の本格派で、150キロに迫る速球を投げ込んでくる。左澤優はボールの「出どころ」が見難い技巧派左腕で、3者3様の特徴を持っている。

鈴木健矢は176センチ・75キロの右サイドハンドで、横に流れるスライダーが素晴らしい。木更津総合高校から入社して3年目で、今季はドラフト候補としても名前が挙がるだろう。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

\開幕戦無料LIVE配信!/
7月13日(金)午後6:15 NTT東日本vs.東邦ガス
★配信ページはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ