チームタイムトライアル「スペシャリスト」のBMCレーシングが、38分46秒28のトップタイムを叩きだした。チームスカイを4秒差、クイックステップフロアーズを7秒差で退けた。2014年と2015年の同種目世界チャンピオンは、2015年大会以来3年ぶりにツールに戻ってきたTTTで、堂々たる2連覇を果たした。

マイヨ・ジョーヌもまたBMCの手に渡った。今区間スタート時には16秒差の総合18位――つまりボーナスタイムの差のみ――につけていたグレッグ・ヴァンアーヴェルマートが、1日の終わりには総合首位に立っていた。2016年に3日間身にまとった黄色いジャージを、同年の五輪金メダリストは、改めて身にまとった。

「1週目にマイヨ・ジョーヌを着るのが、今大会の目標だった。序盤2日間をタイムを失わずにやり過ごし、さらにチームタイムトライアルで良い走りが出来れば、ジャージ獲りは可能だと分かっていたからね。そのためにしっかり準備を積んできた。マイヨ・ジョーヌのために今日のフィニッシュでは『スプリント』さえした。本当にスペシャルな気分さ。すでにこのジャージを着たことがあるけど、やっぱり感動は格別だ」(ヴァンアーヴェルマート、公式記者会見より)

33.5劼離魁璽垢砲3つの上りが待ち構え、その坂道が、大会序盤2日間を彩ったスプリンターたちを苦しめた。黄色を走ってTTTに臨んだペーター・サガンは、「バッドデー」に喘ぎ、コース終盤の上りで隊列から脱落した。再逆転マイヨ・ジョーヌの可能性のあったフェルナンド・ガビリアは、コース半ばの上りで遅れた。代わりにチームメートのフィリップ・ジルベールが総合首位浮上を追い求めたが、あと5秒が足りなかった。2011年の、やはりヴァンデ開幕のツールでマイヨ・ジョーヌをまとった経験のある36歳は、「ほんのちょっとの差。だからこそすごく悔しい」(TVインタビュー)と苦笑いした。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ