ワラターズvs.ヒトコム サンウルブズ

サンウルブズ(日本)が遠征先のオーストラリアで、今季最後の戦いに挑んでいる。

前節、チーム過去最多となる1シーズン3勝を挙げたサンウルブズは、勝利の舞台となったシンガポールからオーストラリアへ移動。

スーパーラグビー2018の第18節。7月7日(土)に、シドニーで相まみえたのは、8勝1分け5敗のワラターズ(オーストラリア)だ。

サンウルブズは前節から先発メンバーを6人変更。

6月の日本代表に選ばれたFLリーチ マイケル、NO8姫野和樹、SH流大、FB野口竜司がスターター入り。

今季大活躍のLOグラント・ハッティング、昨季の共同主将を務めたFLエドワード・カークも先発に名を連ねた。

迎え撃つワラターズは、ダリル・ギブソンHC(ヘッドコーチ)が就任した2016年からプレーオフ進出を逃してきたが、今季は下馬評を覆し、オーストラリア・カンファレンスの首位に立つ。

サンウルブズ戦は主将のマイケル・フーパーを怪我で欠くが、先発15人には現役オーストラリア代表の強力メンバーがずらりと並んだ。

PRセコペ・ケプ(94キャップ)、LOロブ・シモンズ(85キャップ)、SOバーナード・フォーリー(58キャップ)、CTBカートリー・ビール(74キャップ)、そして前節から唯一の変更として先発FBに入ったイズラエル・フォラウ(65キャップ)。

東京・秩父宮で過去2度あった対戦はいずれもワラターズが勝利。しかも今回は敵地戦、ワラターズは今季好調とあって、厳しい戦いも予想されていた。

しかしトニー・ブラウンHC代行の率いる狼軍団は頼もしかった。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ