社会人野球の夏の祭典、第89回都市対抗野球大会が7月13日(金)に開幕する。開幕が間近に迫るこのタイミングで、皆さんに要注目の出場選手を紹介していきたい。今回は「投手編」をお届けする。

社会人選手は大学出身なら2年目、高卒は3年目からドラフトで指名を受けられる。2018年秋のドラフト候補として、まず名前が挙がるのは南関東の2人だ。

Honda(狭山市/南関東第1代表)の齋藤友貴哉は184センチ・91キロの大型右腕だ。桐蔭横浜大学時代は高橋拓巳(現・日本生命)に次ぐ2番手格で、リーグ戦の通算成績も6勝6敗に止まっている。

入社1年目の昨季も都市対抗で2回戦・東海REX戦に3番手として登板したが、主戦を任されるレベルではなかった。

しかし、今年は脱皮に成功。6月の南関東第1代表決定戦で先発を任され、日本通運打線を7回無失点で封じる好投で勝ち投手になっている。パワフルなだけでなく、長い腕を上手く畳んでしなやかに振れるところが彼の素晴らしさ。

リリーフなら150キロ台を難なく投げ、先発でも140キロ台中盤の速球を投げ込める。速球が手元で「動く」ことも特徴。多少の粗さはあるが、潜在能力が「形」になりつつあり、間違いなくドラフト1位候補だろう。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

\開幕戦無料LIVE配信!/
7月13日(金)午後6:15 NTT東日本vs.東邦ガス
★配信ページはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ