クリス・フルームを始めとする複数の総合優勝候補がタイムを失い、2018年ツール・ド・フランスは波乱の幕開けとなった。分断で小さくなった集団内のスプリントはフェルナンド・ガビリアが制した。初出場ツールの初日ステージで、コロンビア人スプリンターが、生まれて初めてのマイヨ・ジョーヌに袖を通した。

フランス全土がサッカーワールドカップ準決勝進出に酔いしれた翌朝、フランスは長いバカンスシーズンに突入した。もちろん夏休みは、2018年も、ツール・ド・フランスと共にやってくる。大西洋に浮かぶ小島ノワールムーティエから、全22チーム・176人のプロトンは3週間の長い旅へと漕ぎ出し、全長201劼留萋擦砲呂燭さんのバカンス客が詰めかけた。

「まるで満員のサッカースタジアムみたいだった。歓声が途絶える時間なんてちっともなかった」(ルダノワ、チーム公式リリースより)

地元ファンの期待に応えるように、ステージ序盤はフランス人がにぎわせた。本スタートを告げるフラッグが振り下ろされると同時に、ヴァンデU出身のジェローム・クザンと、今区間の30卉賄瀬汽鵝Ε献礇鵝Ε鼻Ε皀鵑琶襪蕕好吋凜ン・ルダノワが飛び出した。「本当は逃げるつもりはなかったけれど、(ヴァンデ在住のトマ・)ヴォクレールが『今日は風があるよ』と教えてくれたから」(TVインタビューより)と、ヨアン・オフレドも素早く後に続いた。

つまりワイルドカードで出場を手にしたプロコンチネンタルチーム所属の仏人3人が、フランス本土へ先頭で走り込んだ。ヴァンデ県特有のマレ(湿地帯)とボカージュ(畦畔林)の間をくねくねとすり抜け、大西洋から吹き付ける風を体いっぱいに受けながら、3人は元気よく逃げ続けた。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ