第1ステージ:ハイライト動画

第2ステージ 7月8日 (日)午後8:55〜深夜02:00 / J SPORTS 4 [区間] ムイユロン=サン=ジェルマン〜ラ・ロシュ=シュル=ヨン 182.5km / ステージ終盤には2度のスプリント機会が待ち受ける

ステージ詳細

■コースの特徴
第1次大戦でフランスを勝利に導いた首相ジョルジュ・クレマンソーと、第2次世界大戦で北アフリカ戦線を率いたラトル・ド・タシニー元帥という、フランスが誇る2人の「勝利の父」を生んだムイユロン=サン=ジェルマンから、勝利を目指して選手たちは走り出していく。

ヴァンデ県で過ごす2日目もまた、スプリンター向けのステージが用意された。スタートから28km地点で4級峠を1つ越えたら、あとは起伏も山岳ポイントも存在しない。ひたすら平坦な道が続く。代わりに大きくぐるりと半円を描くコース上には、方向変換が幾度も登場する。もしも一帯に強い風が吹き荒れた場合は、この方向変換を利用して、大胆に分断を仕掛けるチームが現れるかもしれない。

前日同様、ステージ終盤には2度のスプリント機会が待ち受ける。1つ目が132km地点の中間ポイント、2つ目が168.5kmのボーナスポイントだ。このフィニッシュ手前14kmのボーナスポイントは、もしもコツコツ収集すれば、早速2日目からマイヨ・ジョーヌ効果を発揮する可能性あり。

当然ながらスプリンターにとって一番大切なのは、ステージ優勝を懸けたスプリント。マイヨ・ヴェールやマイヨ・ジョーヌのことも考えつつ、フィニッシュラインへ向けて、上手く力を残しておかねばならない。

■高低差図高低差図
photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ