「オオタニは興味深いストーリーのままであり、彼の復帰は今、エンジェルスが勝ち始めなければならないことを示唆している。球団は彼を打者として起用するため、手術を先送りにしたようだが、それは筋が通っている(中略)」。

「今のところ、彼は打つのだ。エンジェルスはオールスター前にシアトルとの直接対決を5試合残している。彼らはまさにその5戦全てを勝たなければならない。しかし、彼らのプレーオフ進出の可能性はどれくらいだろうか。今では1.8%まで下がってしまった」。

この1.8パーセントが何を根拠にしているのかは不明だが、とにかく開幕直後に打者として”識者”たちの度肝を抜いたように、復帰を果たした大谷には大いに暴れ、このパーセンテージをどんどん上げていって欲しいものである。

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ