2018年ロシアワールドカップでの日本代表の奮闘も終止符が打たれ、大会はいよいよ佳境に突入しつつある。ベスト8に勝ち上がったのは、ウルグアイ、フランス、ブラジル、ベルギー、ロシア、クロアチア、スウェーデン、イングランドの8カ国。前者4チームがひしめく山は大激戦だが、後者4チームの山は意外な顔ぶれという印象はある。その中で本命なのは、やはりイングランドだろう。

今大会のイングランドは「2強2弱」の構図が明確だったグループGに入り、まず初戦でチュニジアを2−1で撃破。第2戦でパナマを6−1で圧倒し、早々と決勝トーナメント進出を決めた。3つ目のベルギーとの首位攻防戦ではハリー・ケイン(トッテナム)やラヒム・スターリング(マンチェスターC)やジェシー・リンガード(マンチェスターU)ら主力を休ませ、1位通過を狙ったが、惜しくも0−1で敗れ、2位でラウンド16に勝ち上がった。

8強を賭けた相手はコロンビア。彼らも初戦で日本にまさかの不覚を取ったが、第2戦でポーランドを3−0で倒して息を吹き返し、グループH最終戦のセネガル戦も1−0で勝利。見事に1位の座をつかんできた。エースとして君臨するはずだったハメス・ロドリゲス(バイエルン)が負傷離脱したのは痛かったが、世界的知将のホセ・ペケルマン監督がラダメル・ファルカオ(モナコ)を中心に立て直しを図り、攻守両面で強固な組織力を取り戻してきた。それだけにイングランドにとっては難敵に他ならなかった。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ