精密に創られた機械。レーシングマシンがそのひとつの例だと思う。
そして、高度なエンジニアリングが、走りとレースの展開をシミュレートしてスタートからゴールまでをできるだけデータ通りに走らせる。勝利に向かって。しかし、無機質な機械、レースングマシンを操るのは、ドライバーであり、往々にして、有機的なファクターであるドライバーがシミュレートデータから外れて、ネガティブな結果となることが少なくない。
時として、有機物のドライバーがデータを超えたパフォーマンスを発揮する。それこそ、モータースポーツの醍醐味! モータースポーツの面白さ! 感動させられる凄さ!
データをドライバーのパフォーマンスが超えた。速過ぎた。その結果起きたことは…。

関口雄飛

中嶋一貴選手が10番手グリッドから猛追し、5位までアップ。ドライバー交代した後、セカンドスティントでトップを走行する小林可夢偉選手のテールを捕らえた関口雄飛選手。最終ラップ直前、最終コーナーを走行していた時、燃料がエンジンに来なくなってミスファイヤーが発生した。ガソリンが底をついたのだ。タンクに残っている僅かなガソリンを燃料パイプに送り込もうとマシンを左右にウエイビングさせたが、どんどんとスピードが落ちて行った。そして、完全にエンジンが止まってしまい、全く勢いをなくしたLEXUS LC500をコースサイドに止めた。コクピットを降りて、グリーン上に座り込んで頭を抱えた。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ