日本代表のロシア・ワールドカップの冒険はラウンド16で終わってしまった。 ベルギー戦の終了直前の失点場面。あまりに前がかりになりすぎていたことは確かだ。本田圭佑のCKも、簡単にGKのティボー・クルトワにキャッチされてしまった。疲労もあり、延長を避けたいベルギーがカウンターを狙っていたことをどうして察知できなかったのか……。たしかに詰めが甘かったのは事実だ。

聞くところによると、日本国内ではこの点について批判の声も高まっているという。 だが、この1点をとらえて批判的に見るのはいかがなものか。90分を、いや95分を通じて、日本代表のパフォーマンスは素晴らしいものだった。ディテールを捉えて批判するより、まずは称賛すべき内容の試合だった。

一夜明けて、ロストフ・ナ・ドヌの街を歩くと、多くの現地の人に声をかけられた。飛行機でモスクワに戻り、市内行きの電車に乗ったところで、セキュリティーのおじさんに大きな声で日本チームと「ホンダ」を称える声をかけられた(たぶんCSKAのファンなのだろう)。こちらで知り合った何人かのロシア人からも、称賛のメールをもらった。

世界のサッカー界の日本を見る眼が変わったように感じる。あのポーランド戦の終盤の戦い方で批判を浴びた日本は、ベルギー戦で称賛の対象に変わったのだ。 単に接戦を演じたからではない。日本代表が後半の立ち上がりに奪った2つのゴール。柴崎岳から原口元気への、相手DFの小さなギャップを突く正確なスルーパスと原口の冷静なフィニッシュ。香川真司の優しい落としからの、乾貴士の見事なミドルシュート。ずっと「決定力不足」を言われ続けてきた日本代表が、世界標準に照らしても絶賛されるべき美しいゴールで2点を先制した。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ