ジュール・クルーゼル(ヤマハ)

「スーパースポーツ世界選手権」の第8戦がイタリアのミサノで7月6日(金)〜8日(日)に開催されます。J SPORTSでは日本人ライダーの大久保光(おおくぼ・ひかり)が出場するこのレースを7月8日(日)に生放送でお送りします。また、J SPORTSオンデマンドでもLIVE配信します。

さて、今年もラグナセカのレースが無かった「スーパースポーツ世界選手権」は約1ヶ月ぶりのレース開催です。シリーズの主導権争いは前戦・ブルノのレースでサンドロ・コルテセ(ヤマハ)とジュール・クルーゼル(ヤマハ)が大接戦を演じ、クルーゼルが僅差で3勝目をマーク。2位にコルテセとなり、クルーゼルは7点あったランキング首位(コルテセ)との差を2ポイントに縮めることに成功しました。ファイナルラップまで息もつかせぬ名勝負は「スーパースポーツ世界選手権」の魅力ではありますが、グランプリライダーとしても実績のあるトップライダー2人がグランプリコースでビッグバトルを展開している今季は見応えが例年以上に増しています。

これまで「スーパースポーツ世界選手権」にはケナン・ソフォーグルという絶対無二のマイスターが存在し、彼に対してどれだけ差を詰められるか、あるいは彼とどう駆け引きして前に出るかがライバルたちのテーマでしたが、ソフォーグルが引退したこととバイクの勢力図が変わったこと、そしてコルテセなど新しいメンバーの参戦により、雰囲気はガラリと一変しました。

そんな中、今季も残すところあと5レースになり、首位のコルテセ(ヤマハ)が122点、2位のクルーゼル(ヤマハ)が120点、3位のクルメナッハー(ヤマハ)が105点、4位のマヒアス(ヤマハ)が102点。ここまでが実質的にチャンピオン争いを展開するライダーになってきています。ランキング5位のラファエル・デ・ローサ(MVアグスタ)が4戦連続の3位表彰台という素晴らしいパフォーマンスを見せていますが、獲得ポイント83点でトップからは39点差。自力での逆転は難しい状況でしょう。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ