唯一の海外戦で、NSX-GT+ヨコハマのパッケージが初ポールを奪う

DENSO KOBELCO SARD LC500

今年もSUPER GT唯一の海外ラウンドとして、シリーズ第4戦がタイのチャン・インターナショナルサーキットで開催された。今まではシリーズ第7戦として行われることが多かったが、今年はシリーズ第4戦。雨季の始まりということもあってか、土曜日に行われた予選は直前に激しいスコールに見舞われた。15分ディレイでスタートしたQ1の開始直後はウェットコンディションに、それでもスコールはあっという間にやみ、ここから路面状況は刻々と変わっていく。GT300に続いたGT500は、後半になるにつれ路面もかなり乾き、ギリギリドライタイヤが履ける状態となり、先ずはカルソニックIMPUL GT-Rの佐々木大樹がトップに浮上。

そして、Q2は完全にドライタイヤでの勝負となり、ここでMOTUL MUGEN NSX-GTの武藤英紀がトップに立った。チーム無限にとってGT500復帰以来の、そして装着するヨコハマタイヤとっては今季初のポールポジション獲得となった。ちなみに武藤にとっては2006年の最終戦以来のポールでもある。

「久しぶりのポールポジションなので、すごく嬉しいです。難しいコンディションでしたが、Q1で中嶋選手がうまくまとめてくれて、彼のアドバイスもよかったのと、すごくいいタイヤを用意してもらったおかげです。もちろん、チームにも素晴らしい仕事をしてもらったことを感謝します。ポールからスタートを切るからには当然逃げたいですが、そう簡単にはいかないでしょう。特にタイヤのマネージメントが重要だと思うので、きっちりとまとめて来たいと思います」と武藤。そして、中嶋大祐も「なんとか僕がQ2につなげて、武藤選手がタイヤの力を絞り出して、ポールを獲ってくれたので非常に感謝しています! チームもヨコハマさんも去年から苦労し続けていたんですが、ようやくこうしてポールを獲れるところまで来たので、今日は今日、明日は明日と気持ちを切り替えて。どこもそうですが、十分にテストができているコースではないので未知の要素が多いんですが、頑張ります!」と、ふたりの表情には明らかな満足感が満ち溢れていた。

小暮卓史からバトンを託された、KEIHIN NSX-GTの塚越広大がQ2で2番手につけ、ホンダ勢は戦前の予想を大きく覆して、フロントローを独占。3番手にはDENSO KOBELCO SARD LC500を小林可夢偉とともに駆る、ヘイキ・コバライネンが、そして4番手は高星明誠選手とともにフォーラムエンジニアリングADVAN GT-RのJ.P.デ・オリベイラが獲得。一方、Q1トップだったカルソニックIMPUL GT-Rはヤン・マーデンボローが7番手に留まり、4列目からのスタートに。そして、64kg相当のウエイトハンデを背負うRAYBRIG NSX-GTは、山本尚貴が4番手でつなげた襷を、結果的にジェンソン・バトンはひとつ順位を下げたとはいえ5番手に。回を重ねるごとハードな状況になっているからこそ、元F1チャンピオンの凄さを、また感じさせることとなった。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ