2018 FIFA W杯 岡崎慎司

波乱の続く2018年ロシアワールドカップだが、ラウンド16に突入直後、2014年ブラジルワールドカップ準優勝のアルゼンチンと2016年欧州選手権(フランス)の王者のポルトガルが6月30日に揃って敗退。リオネル・メッシ(バルセロナ)とクリスティアーノ・ロナウドの両看板アタッカーが早々とトーナメントから姿を消した。30代に突入した2人は今回が4度目の大舞台。輝かしいキャリアの集大成としてワールドカップ王者を手にしようと懸命に戦ったが、夢は幻と消えた。

加えて1日には、スペインがロシアにPK戦の末に敗れる波乱が起きた。ヴィッセル神戸移籍が決まっているアンドレス・イニエスタも2大会ぶりの頂点に立てないまま、代表引退を表明した。この10年間、世界のサッカー界をけん引してきた世界的なタレントたちが続々とワールドカップから去っていく…。そんな印象の強い今大会と言っていい。

3大会連続出場の選手が5人いる日本代表も、このロシアでワールドカップ出場に1つの区切りつけることになりそうな選手はいる。すでに「今回が集大成」と語っている本田圭佑(パチューカ)はその筆頭だし、長谷部誠(フランクフルト)も年齢的に次を目指すのは厳しいかもしれない。

本田と同じ32歳の岡崎慎司(レスター)も大迫勇也(ブレーメン)、武藤嘉紀(マインツ)ら若い世代に押されていて、4度目を狙うのはかなり厳しそうだ。その現実を受け止めて、2日のベルギーとの最終決戦では、持てる力の全てを出し切りたいところだ。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ