2018 FIFA W杯 吉田麻也

2018年ロシアワールドカップもいよいよ決勝トーナメントがスタート。4月にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督から西野朗監督へと指揮官が交代し、暗雲立ち込めていた日本代表だが、本番直前から劇的な進化を遂げ、2大会ぶり3度目のグループリーグ突破を達成。アジア勢唯一の16強に名乗りを挙げた。

 

2002年日韓大会はトルコ、2010年南アフリカ大会はパラグアイという優勝候補に挙げられていない相手との対戦だったが、今回はその有力候補と位置付けられる強豪・ベルギーが相手だ。ベルギーはここまでの3試合で9得点。これは1次リーグ最多のゴール数だ。その主たる担い手が、ここまで4ゴールのロメル・ルカク(マンチェスターU)と2ゴールのエデン・アザール(チェルシー)。彼らが揃ってピッチに立った時の相乗効果は非常に高いものがある。

日本が昨年11月にブルージュで彼らとテストマッチを行った時はアザールが欠場。代わってピッチに立ったケヴィン・ミララス(オリンピアコス)にドリブル突破を許し、ルカクへとつながれて失点を喫した。その試合に出ていた酒井宏樹(マルセイユ)は「(アザールとルカクが揃って出ているベルギーは)ホント、笑っちゃうくらい強いと思います」と苦笑いしていたほどだ。「11月の時ですらかなりすごいチームだったので、今はもっと成熟しているし、モチベーションも高いと思う」と彼は付け加えていた。今季UEFAヨーロッパリーグ(UEL)準優勝のマルセイユでレギュラーとして活躍している選手からそういう発言が出るのだから、いかにベルギーの破壊力が凄まじいかがよく分かる。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ