27日の韓国戦をまさかの0−2で落とし、2018年ロシアワールドカップ・グループFを1勝2敗の勝ち点3で最下位に沈んだドイツ。今大会の優勝候補筆頭に挙げられた強豪が1次リーグで敗退するなど、一体、誰が予想しただろう。

ただ、2002年日韓大会で98年フランス王者のフランスがグループ敗退を余儀なくされたのを皮切りに、2010年南アフリカ大会のイタリア、2014年大会のスペイン、2018年ロシア大会のドイツと、前回優勝国が決勝トーナメントに進めないケースが過去5大会のうち4回も起きている。それだけ前回王者のサッカーが世界中に研究され、対策を講じられていることに他ならない。

ドイツを17日の初戦で1−0で破ったメキシコも徹底した堅守で相手の攻撃を防ぎ、一瞬のカウンターからチャンスを作っていた。前半35分にイルビング・ロサーノ(PSV)の電光石火の一撃も、ドイツ全体が高い位置を取っていた背後を突いた見事な速攻からだった。ドイツにボールを保持させておいて、裏を突くというのは最も効果的な攻撃パターン。それをメキシコにやられたことで、盤石だったはずの強国に少なからず綻びが生じたのは確かだ。

ヨアヒム・レーヴ監督が2010年南アフリカ大会から絶大な信頼を寄せてきたトーマス・ミュラー(バイエルン)やサミ・ケディラ(ユベントス)ら主力が不調だったのも大きな誤算だった。その最たる存在がメスト・エジル(アーセナル)だろう。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ