日本時間の29日午前3時にキックオフされるイングランド対ベルギー戦は、まさしく〈プレミアリーグ・オールスターズ〉。イングランドは全23選手が、ベルギーも主力の大半がプレミアリーグでプレーしている。また、ロベルト・マルティネス監督はエヴァートン、ウィガン・アスレティック(現2部)を率いた経験を持ち、コーチのティエリ・アンリがアーセナルのレジェンドであることは、いまさら説明するまでもない。

ただ、ロメル・ルカクがチュニジア戦で左足首の靭帯を、エデン・アザールもふくらはぎを痛めているため、イングランド戦は回避する見込みだ。足首に違和感を訴えたドリース・メルテンスも欠場濃厚とされている。したがってベルギーの戦線は、アドナン・ヤヌザイ、ミチ・バチュアイ、ナセル・シャドリという構成も考えられなくはない。ヤヌザイはかつてマンチェスター・ユナイテッドに、バチュアイはことし1月までチェルシーに所属していた。ナセル・シャドリはウェストブロミッチ・アルビオンの選手だ。プレミアリーグの香りがプンプン漂う。

さて、ベルギーが抱える問題は3CBの中央だろう。アーセナルのDFリーダーとして名を馳せたこともあるトーマス・ヴェルメーレンは、5月に痛めたハムストリングの回復が思わしくない。キャプテンのヴァンサン・コンパニはそけい部の痛みが再発した。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ