北半球と南半球のチームが戦う、「ウインドウマンス」、6月のテストマッチの時期もクライマックスを迎えた。

6月23日(土)、世界ランキング4位のオーストラリア代表と同2位のアイルランド代表の3連戦の最終戦が、オーストラリア・シドニーにあるアリアンツスタジアムで行われた。

2戦を終わっての対戦成績は1勝1敗。オーストラリアはホームでランキング上位の強豪に勝ち越しを狙い、一方のシックスネーションズ全勝優勝のアイルランドは、このツアーをチームの結束力を高めることと、層の底上げをテーマに置いた。

ブリスベンで6月9日に行われた第1戦、アイルランドは司令塔のSO(スタンドオフ)ジョナサン・セクストンを先発させずに、セクストンと同じ欧州クラブ王者レンスターに所属する22歳のジョーイ・カーベリーを起用した。

だが、ホームのオーストラリアが気迫で上回り、ノートライに抑えて、18-9でアイルランドに勝利した。

メルボルンで6月16日に行われた第2戦では、オーストラリアのマイケル・チェイカHC(ヘッドコーチ)は、2013年に指揮官に就任してから初めて、前の試合と同じメンバーで臨んで連勝を狙った。

一方のアイルランドのジョー・シュミットHCはSOにセクストンを先発させる。オーストラリアに先制されるも、SH(スクラムハーフ)コナー・マレーとSOセクストンのハーフ団がゲームをコントロールし、26-21でアイルランドが敵地で39年ぶりに白星を奪った。

「ランズダウンカップ」をかけた両国のシリーズの勝敗は、最終戦で決着をつけることになった。シドニーのアリアンツ・スタジアムスタジアムには会場最多となる4万4085人のファンが駆けつけた。

この3連戦、基本的に固定メンバーで臨む方針だったオーストラリア。前の試合で腕を骨折したSH(スクラムハーフ)ウィル・ゲニアに替えてニック・フィップスを起用。

バックローにはFL(フランカー)カレブ・ティムに替えて、ルクハン・トゥイが先発。ジャッカルの名手デーヴィッド・ポーコックがNO8(ナンバーエイト)に入った。

対してアイルランドは、ケガ人などの影響もあり、5人の先発を変更したが、試合直前に先発予定だったHO(フッカー)ショーン・クローニンが外れ、HOニール・スカンネルが第2戦に引き続き先発することになった。ハーフ団は2戦目と同じSHマレーとSOセクストンが務めた。

オーストラリアのSOバーナード・フォーリーのキックオフで始まった試合は、アウェーのアイルランドが積極的に攻めるが、ホームのオーストラリアもそのアタックをディフェンスで止める拮抗した展開から始まった。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ