ラグビー日本代表

ラグビー日本代表は6月のテストマッチを2勝1敗で終えた

日本代表の6月のテストマッチシリーズは、2勝1敗の結果だった。北半球最高峰の選手権シックスネーションズの一角であるイタリアと1勝1敗、ここ数年僅差勝負を繰り広げてきたジョージアに完封勝利という戦いは、来年のラグビーワールドカップ(RWC)に向かって十分な手ごたえをつかめるものだった。フィジカル面とセットプレーに強みを持つ両国との対戦は、この部分での日本代表の現在地を知る戦いでもあったが、スクラムは100%近い成功率で、ラインアウトも3試合を通じて90%以上の獲得率。コンタクトプレーでも見劣りせず、現時点での強化が順調に進んでいることを示していた。

イタリア代表と1勝1敗で迎えた、6月23日(土)のジョージア戦は、雨の降りしきる豊田スタジアム(愛知県豊田市)にて行われた。この試合のテーマは、ディフェンスでプレッシャーをかけ続けることだった。雨だったこともあり、パワフルなジョージアを後ろに走らせるキックを多用し、ボールを持って前進しようとするジョージアの選手たちに素早く前に出るタックルを浴びせ続けた。

前半は、SO田村優のPGが決まらずにスコアが伸びなかったが、後半は連続攻撃を仕掛け、8分、LO真壁伸弥の交代で入ったヴィンピー・ファンデルヴァルトがポスト右にトライして16−0とリードを広げた。続く12分、ジョージアがラインアウトから攻めようとしたところにプレッシャーをかけてミスを誘い、田村のロングパスを受けたWTB レメキ ロマノ ラヴァが小刻みなステップでタックラーをかわしながら右コーナーにトライし、23−0と突き放す。地元出身の姫野和樹が交代出場でトライを追加すると、スタンドには歓喜の笑顔がはじけた。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ