カブスのダルビッシュ有投手が上腕三頭筋の腱炎で故障者リスト(DL)入りして3週間が経つ。DL入り後の一週間は患部を安静にして、今月5日にキャッチボールを再開。同12日に投球練習を再開と順調に復帰の道筋を通っている。

その間、様々な誤報……と言うよりは推測が米メディアでなされ、それが日本のネット・メディアに転電された。現場で取材しているわけではないので、米メディアの報道が誤っていた場合は、残念ながらそれがそのまま日本に流れることになる。

たとえば「ダルビッシュがシカゴのファンから嫌われていると信じ込んでいる」という報道。

たとえば「ダルビッシュ復帰は球宴後の可能性も」という報道。

当たり前の話だが、日本のネット・メディアは米メディアの報道を全文、もしくは部分的に訳して記事にする。他に新しい記事でも発信されない限り、それがほとんど唯一のニュースになる。そして、それが真実と違っていれば、本人が首を傾げる事態になる。

「ファンから嫌われている」という報道について。これは地元メディアがこう伝えたからだ。

「カブスのキャッチャーであるクリス・ジメネス(捕手)によると、ダルビッシュはSNSの投稿などをチェックしており、自分がファンから嫌われていると信じ込んでいるという」。

ダルビッシュは投球練習を再開した6月12日、遠征先のミルウォーキーで「そんなことひとことも言ってない」ときっぱり言った。「ひとっことも」と強調して言った部分に、「なんでそうなるねん?」という彼の強い疑念を感じた。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ