2ヵ月に渡り開催された関東学生春季大会も、残すところ日大戦のみとなった。

FWの核の一人LO三浦駿平(スポ3=秋田中央)

春季大会Bグループ第4戦の法政大学戦に、52-24で勝利を収めた早稲田大学は、日本大学戦を前に慶應義塾大学、天理大学、明治大学との試合に臨んだ。

この強豪校との3連戦は、この春に取り組んできたことを実践するまたとない機会だったが、結果は1勝も手にすることはできず、実力差を露呈。いい形で春シーズンを締めくくるためにも、日大戦は絶対に負けられない一戦となる。

この3連戦で課題として明確になったことは、後半の戦い方である。慶大戦では、試合終盤までリードを奪っていたものの、ラストワンプレーでトライを献上して逆転負け。

続く天理大戦では自分たちのミスから、後半だけで6トライを許す。そして今季王者・帝京大学に春季大会で勝利を飾っている明大との一戦では、ディフェンスで奮闘を見せたが後半のチャンスを決め切れずに、5–29で敗戦を喫した。

戦術面においては、今年は前に出るディフェンスに着手している早大。選手各自の的確な状況判断、そして前に出る勇気がこの戦術においては肝といえる。

春季大会で現在挙げている2勝は、このディフェンスシステムがうまくはまった形となったが、FL(フランカー)佐藤真吾主将(スポ4=東京・本郷)が「気持ち的に前に出られなかったのかなと思います」と明大戦後に語ったように、実力のある強豪校との試合ではなかなか発揮できていないのが現状だ。

また、早明戦で崩壊したスクラム、ブレイクダウンでの攻防についても修正も図り、日大戦という実戦の舞台で、春から積み重ねてきたことをものにしていきたい。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ