TOYOTA MOTOR CORPORATION

ルマン24時間から帰ってまいりました。
ご存知のようにトヨタが悲願の初優勝を成し遂げました。それも1-2フィニッシュ。国産メーカーとしては、初の快挙ですね。おめでとうございました。

ワークス体制のハイブリッドレーシングカーが他にはなくて、勝って当たり前と事前から言われていましたが、それで勝てなかった場合、いったいどのような評価をされたか…。

チームスタッフをはじめ、ドライバーたちがそれを一番分かっていたのです。
だから、優勝した8号車の中嶋一貴選手が、レース後の記者会見で「勝ててホッとしたというのが本音ですね」とコメントしたことがそれを十二分に表していました。

7号車は、度重なるペナルティーストップによって2周差の2位。3位に入ったノンハイブリッドのレベリオンは、トップから12周の大差をつけられていた。

トヨタのTS050は、レース開始から最後まで3分20秒くらいのペースで周回を重ねていた。終わってみれば、それほどのハイペースで走らずともノンハイブリッドのマシン達に楽に勝てたのではという考え方もある。しかし、同じチーム内で2台は優勝に向けての闘いを続けていた。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ