“ノーパワー”を払しょくしたトヨタ

トヨタ8号車が優勝、7号車が2位

6月16日(土)〜17日(日)、仏サルト・サーキットでは、第86回ル・マン24時間レースが行われた。結果は皆さんご存じの通り、トヨタ8号車が優勝、7号車が2位。公式的には20回目の挑戦にして、初勝利を物にした。ただ、トヨタの“ワークスとして”のル・マン参戦は、1992〜1993年のTS010からだと思っているので、それに続くTS020の1998年〜1999年、そして、2012年から2018年までのTS030以降としてカウントしたいし、11回目の挑戦にしての初勝利という印象だろうか。私の中では、トムスや童夢、サードの挑戦は、“チームとして”の参加としてカウントしているからだ。

今年の優勝に関しては、まずは“おめでとう”。そして、中嶋一貴選手とセバスチャン・ブエミ選手を祝福したい。特に、中嶋一貴選手は、これまで“悲劇のヒーロー”だったので、ようやく肩の荷が下りたことだろう。本人は、「去年、セブがトップを走っている時にトラブルが起きたので、僕だけがそういう巡り合わせではないと思って安心しました(笑)」と言っていたが、一昨年の“ノーパワー”は、ル・マンの歴史の中でも決して忘れられない出来事。だからこそ、それを払拭できたのは良かったと思う。

違和感ありのアロンソ祭り

フェルナンド・アロンソ

一方、フェルナンド・アロンソ選手に関してだが、確かに走りは凄かった。特に、決勝中の夜間走行は、さすがの一言。ただ、これまで約30年間に渡って、ずっとル・マンを取材してきた私にとっては、ACOやチームのアロンソ選手に対する異様とも言える扱い方はむず痒かった。本人が望んで、そうなったのかどうかは全く分からないのだが、その扱われ方は、ル・マンのスピリットとは全くかけ離れたものだったからだ。長らくル・マンを取材しているヨーロッパの記者からも、同じ感想は幾度となく聞いているので、あながち私だけが間違っているというのではないと思う。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ