「えっ、写真撮るの?」と藤田選手

降りしきる雨の中、チームバスからいつまでも手を振っていたのは、ベテランの藤田一也。この交流戦で、2年ぶりに古巣の横浜スタジアムに来ていた時のこと。

手を振っていた相手は、DeNAのスタッフ。他にも、選手や関係者はもちろん、数えきれないほど多くの裏方の人たちと、笑顔を交わしあっていた姿がとても印象的だった。

「うん、彼はベテラン選手になっても、そういった心遣いが変わらずにできる選手だね」とある関係者も語ってくれた。

ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞3回を受賞した藤田は、今年でプロ14年目の35歳。攻守で高い技術を磨き上げ、首脳陣から後輩まで厚い信頼を寄せられている。

◆代打の難しさ。三振しないこと。前に飛ばすこと

ベテランとして、チーム事情から代打出場の機会も増えてきた。そこに危機感もにじませながら語る。

「代打っていうものは、そう簡単に打てるものではないですし、なかなか難しいものではあるのですけれども、その中でも結果を出していかないと、なかなかスタートから使ってもらえないというのがありますから」。

ここまで135打数36安打の打率.267だが、驚くべきは三振わずか6で三振率3.7%。昨季のパ・リーグ三振率1位は中村晃の9.5%なので、打席数はやや規定打席に届かないながら、いかにずば抜けているかが分かる(6月18日現在)。

これについても、「いつも三振を少なくしたいという気持ちで立ってはいます。ボールを前に飛ばせば何かが起きる、自分はいつもそう思ってやっていますから」と手応えとして認めながらも、職人気質をのぞかせて続ける。

「でも、三振にならないというのは、いいものもあれば悪いものもある。調子がいい時はファールにもなるんですけれども、調子が悪くなると、ファールで逃げたいボールもフェアゾーンに飛んでいってしまう。だから、うまくやっていかないと打率として残っていかない」。

誰もが認める守備の名手だ。守らずに打席に入ることの難しさもあるのでは。

そう尋ねるも、「確かに、守備について打席に入る方が自分的にもリズムができるので、いい流れで打席に立てるというのはあるんですけれども、それはもうチーム状況であるので。自分の立場もあるので」と達観したように言うのだ。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ