大学野球選手権第4日
第4試合 神宮球場
『勢いの波に乗る九産大』
九州産業大学〇3−0●宮崎産経大学

ここで先輩として意地をみせたい九産大の右腕浦本(必由館)と、地元宮崎に残った好投手杉尾(宮崎日大)との投げ合いで試合はスピーディーに進んでいった。
ともに完投を意識した九州対決。

「コントロールがよくて、浦本はバッターを追い込んでいけました。このような競り合いの展開になるのは予想していました」
大久保監督が自信を持って送り込んだ右のエース浦本だった。
スピードボールにスライダーとフォークボールを織り交ぜた投球で、最後まで宮崎産経大の打線に的を絞らせなかった。 「最初から、ストレートをさらに早く見せるピッチングを心掛けていました。あのピッチャー返しのボールに当たってからです、調子が上がってきたのは」
少しはにかんだ表情を見せた浦本投手、その頭脳的なピッチングが冴えわたった。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド/

第67回全日本大学野球選手権 J SPORTSオンデマンドでは全26試合LIVE配信!

●野球パック:1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ