ラグビー日本代表

ラグビー日本代表はワールドカップの会場ともなる神戸を舞台にイタリアとの2戦目を戦う

6月16日、日本代表はイタリア代表との第2戦を迎える。第1戦は34−17というダブルスコアでの快勝だった。意図的にキックでディフェンスを崩し、コーチ、選手から「練習通り」、「準備したことができた」という言葉が聞かれる会心の勝利だった。連勝が期待されるが、イタリアにも北半球最高峰のシックスネーションズの一員だという意地がある。日本に連敗するわけにはいかない。そして、テストマッチ(国代表同士の試合)が2試合続くときは、2試合目を重視するのがラグビーの伝統的な価値観だ。つまり、次の試合が日本とイタリアのテストマッチシリーズのファイナルなのである。第1戦以上の緊張感ある戦いになるはずだ。

イタリアは、第1戦は大事なラインアウトでミスがあり、ハンドリングエラーもあってチャンスを何度も逸していた。このあたりを修正すれば日本に勝つ力は十分にある。一方の日本は攻撃面が光ったが、ディフェンス面ではタックルミスが多く、成功率も80%程度と低かった。また、ペナルティー数もイタリアの6に対して日本が8と上回った。反則を繰り返して攻め込まれるシーンもあり、危うい時間帯もあった。第2戦では不用意な反則、ミスを減らさなくては勝つことが難しくなるだろう。

ラグビー日本代表

FLで先発の徳永祥尭は地元で初めて開催される日本代表戦に腕を撫している

メンバーは両チームともに第1戦からの大きな変更はなく、日本は1名のみ。第1戦ではNO8で先発したアマナキ・レレイ・マフィが足首の軽い捻挫もあってリザーブへ。NO8には先週FL(6番)だった姫野和樹が入り、FL(6番)では徳永祥尭が先発する。第1戦と同じく、前半は僅差勝負、後半に入って日本がテンポアップする展開になれば、マフィがインパクトプレーヤーとして大活躍するシーンが浮かぶ。攻撃センス抜群の徳永だが、今回はディフェンス面で力を出し切ってもらいたい。徳永は兵庫県の宝塚ラグビースクールから、高校、大学は関西学院でプレー。「チャンスを与えられて嬉しい。地元で恥ずかしいプレーはできない」と、地元で初めて開催される日本代表戦に腕を撫している。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ