横浜スタジアムでの池田投手

とても苦しんでいるようだった…。2016年にドラフト2位指名で楽天に入団した池田隆英。昨季はケガにも悩まされたが、今季はキャンプで先発枠を勝ち取り、ついに一軍デビューを果たした。

だが、開幕から1勝5敗と結果を出せず、5月下旬からは中継ぎで奮闘している。以来、7度の登板で4ホールドの”結果”を得ているものの、いい時と悪い時の差が激しい。

話を聞いたのは、ソフトバンクを相手に2ホールドを挙げた後にして、DeNAに1回4安打6失点(自責点4)と炎上した翌日。自信と不安がうずまく胸中を赤裸々に語ってくれた。

◆リラックスしようとお笑いを見ても、気がつけば野球で頭がいっぱいに

前日のショックを引きずった表情で力なく笑う池田に聞いた。どうですか、切り替えはどうやって…と言い終えるより先に応えた。

「切り替えてないっすよ…。でも、昨日の自分の映像をしっかり見ました」。聞けば、直前に2ホールドを挙げたソフトバンクでの投球も見直して比較したという。

要因は見つけた。「昨日は、上に抜けたりして、変に力が入っていました。(2ホールド挙げた時に)できていたことができていませんでした」技術的には変化球の精度などの課題はあれど、それ以上に気持ちの問題が大きいという。

それに緊張。だから、「とにかく逃げない」と立ち向かう姿勢を誓う。今季から一軍に帯同して驚いたのは、ベテランの投手ですら、時に吐き気をもよおすほど緊張している姿を目の当たりにしたこと。

ならば経験の浅い自分が緊張しないはずがない。「緊張するのは普通のことと思って、どんどんやっていくしかないなと。そうやって場数を踏むことで、違う感覚や考えが得られると思っています」。

繊細なフォームを操る投手に付きまとう、最大の課題にも直面している。日々、身体の状態が違うなか、どうやって安定させるか。

「例えば、ブルペンが良くても、マウンドで急に違う感覚が出てくることもある。“引き出し”を増やすしかない」。どんな時も結果を引き出していかなければならない難しさを痛感しているという。

答えを探し求めようと考えは尽きない。試合後も、一度リラックスしようとお笑いの動画を見ていても、気がつけば野球の動画を見入っているという。

「岩隈(久志)さんとか黒田(博樹)さんとかの動画を見て、なぜこれを投げたんだろうって考えながら見ています。もう少しラクに見られたらいいんでしょうけど」と苦しそうに笑う。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ