大学野球選手権第1日
第4試合 東京ドーム
『接戦を制した九州産大』
九州産業大学〇3−2●東海大学

ふたりの速球派投手の好投でしまりのある試合になった。
九産大は左腕岩田(九産大九州)と140丗罎梁球がコースに決まる東海大の原田(東海大望洋)ともに力量あるピッチングで観客を沸かせた。
前半5回まで0−0の互角の流れのままレベルの高いシリアスな闘いが続いて、そこから東海大が先制する。ところが追加点を得られる場面で東海大はスクイズ失敗、守備では牽制の悪送球でランナーが三進、九産大は期待の主砲岩城(東海大五)がレフト前に強烈なヒットを放ち、すかさず同点。
「打席では強い気持ちで振っていきました。九州勢でも強豪チームに勝てるんだということを証明したかったのです」
4番で頼りになる岩城だった。

東海大は逆転されて、4番平山主将(東海大相模)が確実に送りバントさせるなど、基本に忠実な野球を見せたが、あと一歩およばず。
8回裏は抑えで登場した東海大の快腕青島(東海大相模)が岩城を三振に取り味方の逆転に託した。しかし、継投した九産大の浦本(必由館)が散発の内野ゴロに打ち取って試合終了。
1回戦では屈指といわれたカードはそのまま、1点をめぐる好ゲームであった。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド/

第67回全日本大学野球選手権 J SPORTSオンデマンドでは全26試合LIVE配信!

●野球パック:1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ