6月11日、東京ドームで迎えた開幕試合。相手は、近畿学生野球連盟代表の奈良学園大学。立命館大学はリーグ戦からスタメンをほとんど変えることなく、この試合に臨んだ。

まず、試合が動いたのは初回。立命館の先頭、井上が安打で出塁し、犠打と四球で一死1・3塁の場面を作ると、4番・奈良の併殺崩れの間に1点を先制する。

その裏、立命館の先発を託された山上は、先頭の米満に安打で出塁を許し、その後、盗塁と犠打で一死3塁とされると、3番・菅田に適時打を打たれ、1-1の同点に追いつかれた。

その後、2回以降は相手投手をなかなか打ち崩せず、立命館打線は4回までわずか1安打に抑えられていたが、嫌な流れを払拭したのは主将の辰己だった。

タイムリーを打った主将の辰己涼介

1-1の同点で迎えた5回、9番・長澤の安打、2番・福武の二塁打で二死2・3塁とすると、「打球方向は狙っていた」と語るように、主将・辰己が持ち味の逆方向への打撃で適時二塁打を放ち、2点を追加した。

さらに、6回には8番・工藤に代わって代打の安井が適時打を放ち、1点を追加、4-1とした。

お知らせ

全日本大学野球選手権 6月11日開幕!
J SPORTSオンデマンドで全試合LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)

※総合パックでもご視聴いただけます
★詳しくはこちら

★大学野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ