世界耐久選手権(WEC)

6月10日(日)、いよいよ長い長いル・マン24時間レースの序章が始まる。ル・マン市内、リパブリック広場で行われる2日間の公開車検。これを前奏曲として、次第にイベントは盛り上がりを増して行く。6月16日(土)午後3時から17日(日)午後3時までの24時間に、果たしてどんなドラマが待っているのか。それは、参加しているチームやドライバーですら予測できない。だからこそ、人々は毎年ル・マンに戻ってくるのだ。

さて、その24時間レースに先立ち、6月3日(日)には、本番の24時間レースで使われるのと同じコースを使用して、テストデーが行われた。当初の予定では午前9時から午後1時、午後2時から午後6時と、セッションは8時間が設定されていた。だが、1回目のセッション、残り約1時間というところで、アストン・マーチン95号車に乗るマルコ・ソレンセンと他の複数台が絡むアクシデントが発生。インディアナポリスコーナーのバリアが損傷し、修復のためにセッションはここで終了した。95号車は全損。ドライバーはメディカルセンターに運ばれたが、幸い大きなケガはなかった。この他にも、複数回の赤旗、午後からは3回立て続けのセーフティーカーピリオドと、実際にレーシングスピードで走れた時間は約6時間ほどだろうか。その中で、“ル・マンルーキー”のフェルナンド・アロンソが総合トップタイムとなる3分19秒066をマークしている。

だが、トヨタが圧倒的に有利かというと、そんな雰囲気でもない。総合順位でトヨタ8号車に続いたのは、レベリオン・レーシングの3号車。しかも、8号車とのタイム差は、わずか0.6秒だった。同じコンディションではないので単純比較はできないが、昨年のテストデーでポルシェがマークしたタイムは3分21秒から22秒台(トヨタは3分18〜19秒台)。それを考えると、いかに今年のLMP1ノンハイブリッド勢が速いか分かる。WEC開幕戦・スパではトヨタが全ノンハイブリッド車両を2周遅れ(7号車に至っては、1周遅れからスタートして、ノンハイブリッドを2周遅れにした)にするという圧倒的な力の差を見せたが、ル・マンではかなり様相が違ってきている。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ