日本代表の地力が上がっていることを再確認させる勝利だった。6月9日、大分県の大分銀行ドームには、25,824人の観衆が集った。試合後のインタビューで、リーチ マイケル日本代表キャプテンは、運営にあたった地元スタッフ・関係者への感謝の言葉を述べた。「来年のワールドカップに向かってみんなで盛り上げていきましょう」。来年9月に開幕する第9回ラグビーワールドカップ(RWC)では、5試合が大分で行われることになっている。そのことも意識したコメントだった。日本代表選手たちが勝利という形で、感謝の気持ちを表現したことは、運営に尽力した皆さんにとって何より嬉しいことだっただろう。

ラグビーワールドカップの舞台ともなる大分銀行ドームには25,824人の観衆が集り日本代表のラグビーを堪能した

ラグビーワールドカップの舞台ともなる大分銀行ドームには25,824人の観衆が集り日本代表のラグビーを堪能した

そして、この日集った観衆はラグビーという競技の多様性を楽しめたのではないか。ラグビーは手も足も使ってパスができる。激しい肉弾戦もあれば、スピードでディフェンダーを抜き去るプレーもある。競技の魅力をアピールしたという意味でも大きな勝利だった。

気温26度、雨は降っていなかったが、屋根付きスタジアムでは屋根を閉じた状態で試合をするというRWCの規定に従って行われた。午後2時45分、イタリアSOトンマーゾ・アランのキックオフで試合は始まった。立ち上がりから日本はディフェンスラインを素早く前に押し上げてプレッシャーをかけた。しかし、6分、オフロードパス(タックルされながらのパス)を決められてディフェンスを破られる。イタリアが得意とするオフロードはこの試合を通じて日本を苦しめたが、バッキングアップのディフェンスでなんとかトライを防いだ。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ